火災

消防士 トリビア

【バックドラフトbackdraft徹底解説】消防士が最も恐れる現象とは

バックドラフト(backdraft) 誰もが聞いたことのあるワードではないでしょうか。 というのも、バックドラフトは映画のタイトルになっていますし バックドラフト2の映画が公開されるほどです。 ...
消防士 トリビア

【フラッシュオーバー完全解説】消防士なら誰もが知るF.O.とは

火災現場では必ず見かける現象であり、消防士なら誰もが知っているワード それがフラッシュオーバーです。 フラッシュオーバーの英語は「Flashover」となります。 消防業界の間では、その頭文字をとって「F.O....
消防士 トリビア

【火災時のガラス割れ方】なぜ火災で窓ガラスが割れるのか

火災の燃焼は空気の流入がなければ成り立ちません。 でも、考えてみてください。 住宅で火災が起きたとしても、窓ガラスが開いていることがありますか? 夏場はあるでしょうが、冬や留守中は基本的に窓ガラスは...
スポンサーリンク
消防士 トリビア

【ハンカチは濡らすべき?】火災避難時に使うタオルやハンカチで鼻や口元を覆う理由

火災発生! ハム消防 ハンカチやタオルで鼻や口を覆って逃げよう! 小学校や中学校でよく見る光景。 火災の時にハンカチやタオルで鼻や口を覆うのは、現代では当たり前の光景に...
消防士 トリビア

火災の際に窓、ドアやカーテンは開けるべきか、閉めるべきか。

自分の家、働いている会社が燃えている… 火災時は誰もがパニック状態です。 火災が起こった避難時では、ひとつの選択が生命を左右する可能性があります。 では、火災の際に窓やドアは開けるべきなので...
消防士 トリビア

【現代住宅の変化】昔と今では火災はどのように変わっていったのか

昔の住宅と比べ、現代住宅は大きく変化しています。 この住宅の変化は消防にとって、学ばなくてはならない必須の知識になります。 では、現代住宅はどんな変化を遂げていきたのでしょうか。 火災活動に影響する部分を重点的...
消防士 トリビア

【HRR】熱放出率とは 〜Heat Release Rate〜

消防士なら誰もが知っているべき単語、それがHRR(ヒートリリースレート)です。 火災エネルギーの規模が大きくなると、輻射熱は大きくなりますよね。 例えば、たき火で暖をとるにしても、火のエネルギーが大きいほど暖かさを感じる...
消防士 トリビア

【熱伝達】火災の熱の伝わり方 伝導・対流・放射(輻射)

火災の燃焼が起こった際、果たして熱はどのように伝わっていくのでしょうか。 基本的に、火災の燃焼での熱の伝わり方は、温度が高い方から低い方へ伝わっていきます。 この基本原理の例として、例えば水の中の氷。 水と氷では氷...
消防士 トリビア

【サーマルバラスト】火災の燃焼で熱エネルギーを奪う現象

火災の燃焼において、燃焼を阻害する働きのある物質が多く存在します。 例えば、空気中の窒素や二酸化炭素。 燃焼に深く関係しているのは、酸素であって、窒素や二酸化炭素ではないということは、前回確認しましたよね。 ...
消防士 トリビア

【空気中の酸素濃度】火災の燃焼は酸素の割合によってどう変化するの

空気中の酸素濃度って何パーセントだと思いますか?? 答えは、約21パーセント。 空気中に含まれる酸素の割合は21パーセントなんです。 小学校、中学校で習った記憶がありますね。大人になっても役立つ知識を教えてくれた先...
スポンサーリンク