これでゴールドジムの全てが丸わかり!実際に入会してみた感想!お得情報あり!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

公式ECサイトでプロテインやグッズをお得にゲットしよう!

詳しくは下記リンクをチェック!

ゴールドジム公式ECサイト【フィットネスショップ】


今回紹介するのは、石川県野々市市にあるゴールドジム ヴィテンののいち店!
※2019年4月1日よりリニューアルオープン!
ゴールドジムヴイテンののいち店

ハムキチ
ハムキチ

ジムの入会って、複雑でわかりにくい!

ハムキチ
ハムキチ

ゴールドジム ってガチ勢しかいないんでしょ?

そう思っているあなたにオススメの記事です!

私は筋トレ歴3年。ジムを3〜4件入会した経験があります。
また、一日限りのデイタイム会員ですと、全国各地10〜15件のジムを巡るほど、筋トレ好きです!

これを読めば、明日から筋トレがしたくなる病にかかってしまいますが、ご了承ください^^

それでは、見ていきましょう!

スポンサーリンク

ゴールドジムとは…

アメリカ・カリフォルニア発祥のフィットネスクラブ。

アーノルド・シュワルツェネッガーの主演映画の舞台となり、一躍その名前が世界中に知れ渡りました。

現在、日本で80店舗以上展開されているトレーニーガチ勢は誰もが知る憧れのジムです。

店舗検索はこちら

 

今回は、ゴールドジム に入会した体験をレポートしていきます!

ちなみに、ジムで写真を撮ってくることはできませんでしたのでご了承ください^^

こんな人にオススメ!
・ゴールドジムってなに?
・ゴールドジムのメリットが知りたい!
・せっかくやるならトップクラスのジムでやりたい!

公式ECサイトでプロテインやグッズをお得にゲットしよう!

詳しくは下記リンクをチェック!

ゴールドジム公式ECサイト【フィットネスショップ】


ジムだけじゃない!ゴールドジムのここがすごい!

オリンピックプールで泳ぐ人

ゴールドジムヴィテン野々市店では、ジム施設だけでなく、さまざまな施設があります。

・スイミング
・テニス
・サッカー
・空手
・クライミング
・モダンバレエ

⚠️これらは、正規会員なら全て使えるわけではありません!

それぞれの施設を利用するためには、それぞれで入会金を払わなくてはなりません。

自分に合ったものを選べるのがすばらしいですね!

もちろん、ジム施設利用のみのプランも存在しますよ!
後ほど解説します^^

ジムにいる人の年齢層

トレーニング、筋肉、背中、肩、金髪、トレーニング

ジムって、体がゴツいガチ勢ばっかりで気が引ける!

このような悩みは筋トレ初心者の頃、だれでも感じるのではないでしょうか?

全国的な統計データは出ておりませんが、
ジムを10〜15件ほど渡り歩いたことのある私の経験を交えてお話ししていきます^^

平均的な年齢層は若め

みなさんが気になるであろう男女比の割合、ガチ勢と初心者の割合を見ていきましょう^^
なお、その人が初心者なのかガチ勢なのかは完全に私の主観になりますのでご了承ください笑

全体的な男女比

男性:7割
女性:3割

思っていたより女性が多いなぁという印象を受けました。

ガチ勢と初心者(健康志向含む)の割合

ガチ勢:6~7割
初心者:3~4割

やはり、ゴールドジムとあって、ガチ勢が多い印象です。
しかし、初心者や健康志向の方も一定数いますし、面積もバカでかいので、それほど気にならないかなぁといった印象を受けました!

公式ECサイトでプロテインやグッズをお得にゲットしよう!

詳しくは下記リンクをチェック!

ゴールドジム公式ECサイト【フィットネスショップ】


他のジムはどうなの?

ケトルベル、フィットネス、クロスフィット、フィット、エクササイズ、トレーニング

ゴールドジムの年齢層はわかりましたが、
私が経験してきた他のジムの年齢層、気になりませんか??

完全な主観になりますが、、
男女比は変わらず7:3ほどで男性が多い印象です。
レディースエリア等がある施設もありますので、
一概には言えませんけど、大体同じくらいです!

ガチ勢と初心者の割合ですが、
やはりゴールドジムは1.2割ほどガチ勢の方が多いなぁという印象です。

男性の方でよりレベルアップしたい!という方に超オススメのジムですね!!

筋トレ後にはプロテイン!ゴールドジム特製プロテインをご堪能

ゴールドジムにはオリジナルのプロテインがあります。
1杯400円程度でタンパク質量は20g!

少々割高には感じますが、筋トレ後の体に染み渡る、サイコーのプロテインです!

公式ECサイトでプロテインやグッズをお得にゲットしよう!

詳しくは下記リンクをチェック!

ゴールドジム公式ECサイト【フィットネスショップ】


筋トレ後のお風呂が格別!気持ち良すぎます!


お風呂の前に、足湯情報!
なんと、ジムエリアには温泉の足湯があります!

始めてきた私は、衝撃でしたね笑

お風呂エリアは筋トレ後の体を癒す最高の場所

温浴ゾーン
スーパー銭湯級の広さを完備し、天然直送露天温泉やジャグジーに加え、38℃のぬるめのお湯で、1,000ppmの炭酸を含んだ高濃度炭酸泉もありゆっくりとリラックスして運動や仕事の疲れを癒す事が出来ます。サウナはドライサウナ(約100℃)と低温の塩サウナを完備し、塩サウナは血行促進し肌の汚れを取り除き、ツルツル・ピカピカになり女性から大人気です。洗い場も順番待ちを解消すべく、カランやシャワーブースも県内最大級でストレスを感じさせません。
※ゴールドジムヴィテン野々市店ホームページから引用

十分な広さの温泉に加え、なんとサウナ付き!

温泉だけ入りに通っている人もいるくらい、設備十分の温泉です。

気になる入会金や月額費用は?

さて、みなさん気になるのは入会金や月額料金ですよね!

令和3年8月現在、
野々市店のホームページではこのようになっています。

正会員
各施設を曜日・時間を問わずに利用
入会お申込み
* 料金(税込):¥10,780 / 入会金(税込):¥11,000
* 利用時間:開館~閉館
* 利用施設:トレーニングエリア/アクアエリア/温浴ゾーン
温泉健康会員
温浴ゾーンと月4回の施設利用
入会お申込み
* 料金(税込):¥8,250 / 入会金(税込):¥11,000
* 利用時間:開館~閉館
* 利用施設:トレーニングエリア/アクアエリア/温浴ゾーン
ピンピン健康会員
60歳以上の方限定
入会お申込み
* 料金(税込):¥7,678 / 入会金(税込):¥11,000
* 利用時間:開館~17:00
* 利用施設:トレーニングエリア/アクアエリア/温浴ゾーン
* ※月曜~土曜(日・祝は不可)
デイタイム会員
各施設を月~土曜のデイタイムに利用
入会お申込み
* 料金(税込):¥7,700 / 入会金(税込):¥11,000
* 利用時間:開館~17:00
* 利用施設:トレーニングエリア/アクアエリア/温浴ゾーン
* ※月曜~土曜(日・祝は不可)
ファミリー会員
家族単位の登録で各施設を全日利用
入会お申込み
* 料金(税込):¥8,778 / 入会金(税込):¥11,000/1人
* 利用時間:開館~閉館
* 利用施設:トレーニングエリア/アクアエリア/温浴ゾーン
* ※全日利用
バーデ会員
プールとバーデゾーンのみの利用
入会お申込み
* 料金(税込):¥8,778 / 入会金(税込):¥11,000
* 利用時間:開館~閉館
* 利用施設:アクアエリア/温浴ゾーン
* ※全日利用
ボクシング会員
レッスンの受講と各施設を全日利用
入会お申込み
* 料金(税込):¥13,200 / 入会金(税込):¥11,000
* 利用時間:開館~閉館
* 利用施設:トレーニングエリア/アクアエリア/温浴ゾーン/ボクシングジム
* ※全日利用

私が入会したプランを紹介

男性、ヨガクラス、ジム、インストラクター、ハタヨガ

筋トレ歴3年、ジムを巡ること約15件の私が選んだプランは、こちらです。

デイタイム会員 7700円(税込)
各施設を月~土曜のデイタイムに利用
理由として、
・仕事の関係上、2日に一回の利用しかできないこと。
・9:45から17:00までの間にジムに通えること
・月額料金を極力おさえたいこと

これらが挙げられます。

正会員になることで、休館日以外すべて利用できますし、メリットを感じましたが、
私は日中にジムに通うことができますので、こちらのプランにしました!

日中仕事なんだけど・・・
という方は

正会員
各施設を曜日・時間を問わずに利用

こちらがオススメです!

公式ECサイトでプロテインやグッズをお得にゲットしよう!

詳しくは下記リンクをチェック!

ゴールドジム公式ECサイト【フィットネスショップ】

まとめ

フィットネス、強化、筋肉、ジム、ダンベル

いかがでしたか。

この記事を読んでいただければ、ゴールドジムヴイテンののいち店について理解していただけたかと思います!

最高の環境に自己投資して、最高の体を手に入れましょう!

 

公式ECサイトでプロテインやグッズをお得にゲットしよう!

詳しくは下記リンクをチェック!

ゴールドジム公式ECサイト【フィットネスショップ】

 

シメサバブログ

\消防士が教えるボディメイク/
■大切な命を救うための体づくりを発信!
■24時間勤務の不規則な生活スタイルに対応!
■インスタ毎日更新!!
■ブログで詳しく解説!火曜、土曜更新
■週4回トレーニング
■筋トレ START 2018.12〜

筋トレ トリビア
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事
シメサバブログ