【化学連鎖反応】 燃焼がしやすくなる条件

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

燃焼する際には、が発生します。

 

その熱によって、化学反応維持するためのエネルギーが供給され、燃焼が継続していくというわけです。

 

また、この燃焼によって周囲のモノが熱せられ、熱が伝わることにより燃焼拡大していきます。

 

では、燃焼がしやすくなる条件としてなにがあるのか、どんな反応をしているから燃焼するのか。

 

一緒に見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

化学連鎖反応とは

 

そもそも、連鎖反応とは何なのか。

 

ある反応における生成物や副産物が新たな反応を引き起こし、
結果的に反応が持続したり拡大したりする状態を指す。

 

と、定義されています。

 

化学反応が加わることにより、連鎖反応が持続します。

 

 

燃焼を継続させるために重要なこと

 

燃焼の際には 熱、酸素、可燃物に加えて連鎖反応が必要です。

 

燃焼の継続のためには連鎖反応が大切だということですね。

 

つまり、燃焼の4要素が必要不可欠になります。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

【火災の定義と燃焼の4要素】
火災とはなにか。 常に一定数の火災が発生し、消防職員の殉職者も発生している現実があります。 仕事で殉職するなんて決してあってはいけません。 なぜ燃焼するのか、建物はどのように延焼していくのか、他にも様々な知...

燃焼が継続(連鎖反応の開始)がされると、化学反応連鎖して燃焼します。

 

 

燃焼(化学連鎖反応)のながれ

 

 

化学反応がおきれば、が発生します。

 

この熱エネルギーが十分であれば、周囲のモノを加熱することで、加熱されたモノの燃焼が開始します。

 

このような流れで燃焼(化学連鎖反応)が拡大していきます。

 

こうなってしまえば、火災は拡大する一方です。

 

元の点火源がなくとも、周囲のモノの化学連鎖反応により、拡大していくというわけです。

 

 

連鎖反応がおきないものはあるのか

 

を例に挙げてみましょう。

 

鉄の酸化反応は、他の物質と比べて遅いですよね。

 

また、発火する温度まで上がらないため、そもそも発火しませんし、連鎖反応もおきません。

 

 

化学連鎖反応をとめるためのモノ

 

近年の建物には、難燃材が使われているものもあります。

 

これは、化学連鎖反応を遅らせる効果があります。

 

つまり、燃焼を継続できないような細工がされているということですね。

 

また、ハロンなどの抑制剤は化学連鎖反応を中断させる効果があります。

 

まとめ

 

 

いかがでしたか。

 

今回は燃焼を継続するために必要不可欠である、化学連鎖反応について見てきました。

 

燃焼が継続しているということは、連鎖反応を起こしているということです。

 

この連鎖反応をとめるためには、燃焼の4要素を今一度、理解する必要があります。

 

要素をひとつ排除すれば、燃焼はとまりますからね。

 

 

シメサバブログ

\消防士が教えるボディメイク/
■大切な命を救うための体づくりを発信!
■24時間勤務の不規則な生活スタイルに対応!
■インスタ毎日更新!!
■ブログで詳しく解説!火曜、土曜更新
■週4回トレーニング
■筋トレ START 2018.12〜

消防士 トリビア火災
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめ記事
シメサバブログ